Skip to content

日阪プレート熱交換器の伝熱性

日阪プレート熱交換器は、プレス形状をした薄板を使用しており、コンパクトでプレートを外して洗浄をしやすい構造となっています。

熱を移動させることでエネルギーを発生させていますから、熱伝導効果が落ちるとエネルギーロスにもつながります。日阪プレート交換機は、メンテナンスがしやすいように分解点検や洗浄をしやすいように作られているのです。乱流効果によりプレート表面の汚れが付着しにくくなっているので、こびりつきで厄介なスケールも落ちにくくなっています。液体を使うので、汚れが付かないようにメンテナンスは欠かせません。

日阪のプレート夏交換器は、コンパクトなつくりであるながら高い伝熱係数をもつことで知られています。伝熱プレートを積層する構造がとられており、伝熱プレートの枚数を調節して任意の伝熱面積に対応することができます。取り外しが簡単にできる構造から、メンテナンスやプレートの洗浄がやりやすいという効果があります。伝熱効果が落ちると困る現場でも安心して使用することができます。

プレートのプレス形状に工夫をこらしたり、機能性に特化したタイプの機種を多数開発しているのです。コンパクトで作業効率を考えた熱交換器を選べるようになっています。外側を流れる流体をプレートガスケットでシールする構造をとっており、通常のガスケットタイプに比べて耐熱・耐圧に強くつくられているのです。長期間使用に耐える構造となっており、ガスケットの液漏れが起こっても外に流れ出す仕組みをとっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *