Skip to content

株式会社日阪製作所の特徴について

株式会社日阪製作所は大阪府大阪市に本社のある産業機械メーカーで、プレート式熱交換器や染色機械などを製造・販売しています。

同社は日本国内においてプレート式熱交換器と染色機械のシェアがトップであり、食品や医薬品など生活産業機器にも力を入れているのが特徴です。株式会社日阪製作所ではボールバルブの生産も行っていて、各種条件を満たし性能が優れているため国内で高いシェアを誇っています。同社は長年にわたって大阪府東大阪市に鴻池事業所を置いてきましたが、2008年3月には淀川工場と統合しました。

2009年には中国にも進出して100%子会社を設立しており、日本国内だけでなく世界中で事業を展開しています。株式会社日阪製作所は1953年に日本国内で初めてプレート式の熱交換器を開発し、パイオニアとして様々な産業に熱交換器を供給してきた実績があります。同社の熱交換器事業本部では最新のプレートパターン開発による伝熱性能向上や、経験と技術を活かしたコストダウンを図っています。

品質管理を徹底するだけでなく様々な企業への納入実績があるため信頼性が高く、超小型からスーパージャンボまで品揃えも豊富です。株式会社日阪製作所では顧客の要望に応えて様々な製品を開発しているのが特徴で、プレート式など様々なタイプの熱交換器は機能性が付加され幅広い用途に適用できます。メンテナンスサービスの充実しているので、熱交換器が必要な場合には株式会社日阪製作所に相談するとよいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *