Skip to content

日阪は熱交換器を提供しています

日阪はさまざまな熱交換器を販売していて、例えばプレート式熱交換器の場合、高性能且つ乱流促進構造になっています。

プレート式熱交換器になっていて、ヘリンボンパターンといった波形状を採用しており、2枚を合わせた空間において流体が流れる仕組みです。プレートの中には複雑な流路が通過するので乱れが大きくなりますが、伝熱プレートを流れる流体温度を均一にすることができます。伝熱プレートに接している流体において、熱交換の妨げになる境膜が形成されているので、流れが乱れていることで膜が薄くなり熱が伝わりやすいというメリットがあります。

日阪のマシンを利用すると熱交換の効率が良くなるでしょう。流す流体の種類により熱交換器は使っている間に伝熱プレートに汚れが付着したり、熱交換の妨げになることが多いです。しかし日阪の熱交換器を活用すると、流体の流れを乱すことによって自己洗浄機能を発揮することができます。

プレート式熱交換器にある伝熱プレートについて、ヘリンボンパターンの波形状を利用しているので、プレス加工によって形成された波形状から伝熱プレートの表面積が平板と比較すると、1.2倍大きくなるので流体が熱交換する範囲は広がる仕組みです。平らなものや波形状のものなどに同じ流量の流体を流す場合、波形状のプレートの方が面積あたりの流量が少ないので、流体が流れる間接する熱交換領域のエリアが広がり、それに伴い熱移動も大きくなる仕組みです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *