Skip to content

オフィスの省エネ環境を整える

オフィスの省エネ環境を整えるためには、やれることがたくさんあります。特にエアコンは、消費電力が高いのでお手入れの仕方で毎月かかるコストが削減できます。一番にできることがフィルターの掃除で、2週間に1度掃除をするだけで冷房時や暖房時の省エネに。具体的な数字を社内で共有すれば、社員の人に浸透しやすくなる事例です。

室外機が置かれている場所も、エアコンの電気代を見直すチャンスになります。室外機は、室内から送られてきた暖かい空気を熱交換機で冷やすという働きがあります。冷房の効きをよくするのなら、室外機の温度をあげないようにすることが大事です。すだれを使ったり、直接太陽が当たらない場所に設置するのがコツです。

冬は、冷たい空気を室外機で温めるので、冷房とは逆に冷えないように工夫します。吹き出し口の近くに障害物があると、暖かい空気を吸い込んで冷房の能力が落ちてしまいます。なので、吹出し口の近くにものがあるかどうかチェックしましょう。エアコンの形によって違いますが、フィルターを外したときに見える、熱交換器も掃除をする必要があります。

フィルターと違って、掃除がしにくいので業者に頼むときれいにしてくれます。就業時間が決まっていれば、30分前にエアコンを切るだけで省エネになります。冷房なら、エアコンを切ってしばらくは涼しいと感じます。ブラインドで遮光しても、部屋の温度が高くならないので省エネにはプラスになるでしょう。

省エネのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *