Skip to content

オフィスの経費削減!省エネを実現する方法とは?

オフィスにおける経費を削減したいなら、できるだけ無駄を削減できるように努めることが大事です。とはいえ、人間が意識的に取り組めることには限界があります。別の言い方をすると、システムによって自動的に実施できる環境を整備しなければなりません。省エネを任せられるコントローラーを導入してみるのも有効な手段となります。

コントローラーにはさまざまなタイプがありますが、代表的なのは空調や照明の電力を制御するものです。そのような機器がオフィスにたくさんあるなら、うまく連携させることで従来よりもエネルギーの消費を抑えられます。たとえば空調が2台あった場合、やみくもに2台をフル稼働させるのは得策ではありません。下手をすると、互いの効果を相殺している状況になってしまうリスクもあるでしょう。

リスクを減らすために、どの機器をどれだけ稼働させるべきか分析できることがコントローラーのメリットです。自動で分析したうえで、機器の運転に関する指示も行ってくれます。消費電力がピークに達するタイミングを予測して、前後に運転をずらすなど独自のアプローチで省エネを実現してくれるので心強いです。遠隔監視で緊急対応を実施してくれる仕組みも確立されています。

異常があった場合にエネルギーの過剰消費を防ぐため、管理者のもとに警報が届くように設計されているのが一般的です。省エネの効率を高めたい場合は、オフィスの環境を把握しやすいようにセンサー類を多く配置するという手もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *