Skip to content

経営コスト削減に大切な省エネ意識

安定的なビジネスの運営に欠かせない要素はいくつか考えられますが、意外と見落とされがちなのが省エネ意識です。電気代などは業種を問わず経費としてかかるので、ここをいかに適切な金額に抑えられるかを重視すれば、年単位で大きな経費削減が期待できます。ここで大切なことは、従業員全員にコスト意識を徹底しないと効果が薄くなるという点です。経営トップだけ、あるいは一部のスタッフがだけが省エネを考慮した活動をしても、削減できる金額はあまり大きくなりません。

従業員全員にコスト意識を徹底させるのは時間がかかる場合もありますが、取り組みが成功すれば業績の向上につながると期待されています。省エネ意識でまず考えたいのは、オフィスの電気代です。天井の照明はLEDを基本として、オフィス内の人数に応じて照らす場所を柔軟に変えましょう。人が少ないのにオフィス全体を明るくしておく必要はありません。

また、オフィスで電気代がかかりやすいのは空調です。温度設定を適切にして、無駄な電力を消費しないようにすることが大切です。多くのオフィスではパソコンが利用されていますが、利用目的とパソコンの性能を合わせることも欠かせません。文書作成なら高性能な機種である必要はないので、適切な機種を選べば省エネになります。

空調や家電は新しい機種ほど電力を消費しない傾向にあるので、古い機器は新調することも大切です。無理のない範囲で省エネに取り組めば、予想外の金額が節約できるかもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *