Skip to content

熱交換器のスケール対策は簡単では有りません

高温の流体から熱交換器を介して熱を回収する場合スケール発生の問題は避けて通る事の出来ない問題です。例えば環境規制値の緩やかな地方の大型の石炭火力発電の場合燃料として石炭、重油が使用されています。高温の場合はガス状ですが熱交換器の低温部では一部が酸露点以下になり酸性のスケールが発生します。これがが増大しますと熱交換器内の圧力損失が増し最悪送風機の圧力では足りずにボイラー停止になる可能性が有ります。

このスケール除去の為大型の煤吹き装置が熱交換器内部に設置されています。通常は煤吹き装置の圧力に依り付着物は吹き飛んで行きます。ただ余り高圧力で吹いた場合には熱交換器自体を傷める可能性が有り慎重なる検討が要求されます。例えば煤吹き装置の媒体を蒸気にするのか又は空気にするのかを決める必要が有ります。

一般的には石炭炊きのダスト付着物は粘性が有り除去しにくく蒸気が使用されています。ダストスケールの問題は石炭炊き、重油炊きボイラーの場合頻繁に発生しますのでプラントが短時間でも止まるチャンスがあればジェット水洗で伝熱面の水洗が行われています。本格的なダストスケールの除去はプラントが完全に停止する定期点検時に行われています。アルカリ温水で伝熱面を洗い流し充分に乾燥させてから運転になりますが、その期間中に除去したダストを分析してより効果的な付着物の除去対策を検討する事が各発電所で行われ、その情報が各発電所に情報として流れていきます。

GC-Sのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *