Skip to content

日常業務の中のスケール除去と対策

工場内におけるスケール対策は常に設備の稼働につきまとう問題であり、対策と防止を常に合わせて考える必要があります。工場内においての水の使用は冷却、希釈、洗浄など様々な用途において使用されています。仕様目的に関わらず、水はポンプなどの動力によって排出され、配管内を通って搬送されます。スケールはポンプ内や配管内などいたるところで付着、凝固します。

配管内やポンプ内でいったん固まってしまったスケールの除去は困難で、復旧には大変な労力と費用が掛かります。一般的な工場内では定期的に設備を停止させてメンテナンスを行います。スケール除去のメンテナンスは大掛かりになると設備の分解修理になります。付着したスケールを破砕した後に高圧洗浄します。

定期的なメンテナンスに先駆けて、日々のメンテナンスもスケール除去対策には必須です。名称は様々ですがスケールの付着防止に効果があるとされるスケール除去剤などを使用し、日常点検を通した防止対策を施します。一般的にはこれらスケール除去剤が効果があるとされていますが、一部薬品には健康被害が出る場合もあるため、食品加工作業所においての使用は適さない場合があります。生産ラインや機械設備の常日頃からの稼働状況をチェックし、燃料コストや設備のパフォーマンス状況などを把握したうえで、スケールの影響による設備の稼働低下や燃料コストの上昇を察知し、日常業務の中においても効果的なスケール除去対策が必要になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *