Skip to content

スケール除去で自分の歯を守れる

スケール除去とは、歯の歯垢を取ることです。定期的に歯垢を取ることで、自分の歯を守れるようになります。1ヶ月に1回程度スケール除去をするのが理想です。それぐらいの頻度だったら、歯周病にかかりにくくなります。

スケール除去は、歯磨きとは異なっています。歯磨きで、歯の歯垢を完全に落とすことはできません。歯磨きをすることは大切ですが、歯磨きだけでは歯垢は落とせないことを頭の中に入れておきましょう。歯茎にこびりついた汚れは、専門家しか取り除くことができません。

スケール除去に時間はかかりません。20分から30分程度で終わります。その後に歯磨き指導のある場合があります。歯垢が多い場合は、歯磨きの仕方が不十分なことがあります。

歯科衛生士や歯科医師がそれを指摘して、その後に正しい歯磨きの仕方を教えてもらいます。この治療は予約してから受けた方が良いでしょう。予約しておかないと、待ち時間が長くなる恐れがあります。自分が行ったときに患者の数が多かったら、その日はできないこともあるので注意しましょう。

歯垢を取り除くことは、重要な治療です。しかし、歯の痛みが強い患者が来ていたら、そちらの治療の方が優先されます。会社の仕事が忙しい場合は、スケール除去に行くのも難しいことがあるかもしれません。そんな時は、土日も開いている歯科を見つけましょう。

最近の歯科は、週末に診療を行うところが増えています。週末の場合は朝から夕方までの診療は少ないです。診療時間を電話で確認してから、行きましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *