Skip to content

マルチサイクロンとは何か

マルチサイクロンは強力な旋回気流によって空気中の微細な粒子を分離する装置です。「サイクロン」とは、流体の旋回流で生じる遠心力を利用して粒子の沈降速度を増加させてこれを分離・捕集する装置のことで、その名の通り、遠心分離の理論を応用した装置です。空気中の塵や埃を除去して空気を正常化したり、井戸水の砂を除去したり、火山灰を除去したりする際にも利用されており、気体・液体に対応できるメカニズムとなっております。複数のサイクロンを組み合わせることでより強力な集塵効果を実現することが期待できます。

またサイクロン自体も小型であればあるほど、圧力損失が少なく分、集塵効率が良い傾向にあります。物質に遠心力を与えて粒子を分離・捕集するするため、処理量とは無関係に高い集塵効果が得られます。「マルチサイクロンクリーナー」と称し、文字通りマルチサイクロンの技術を応用した高性能掃除機が広く出回っていますが、空気を汚さずにハウスダスト等健康に悪影響をもたらす埃を集塵することで高い人気を誇っています。また、工場等の焼却炉やボイラー、乾燥機にも普及しており、単に集塵するばかりでなく排気の浄化や引火性の恐れがある塵や埃の回収にまで、幅広く応用されています。

こうした用途の広さは主に稼働において火気を一切使わないことが大きな理由となっていますが、生産物の品質の維持、法令上の排気基準の維持、環境負荷の軽減等の点からも、マルチサイクロンは欠かすことができない設備となっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *