Skip to content

マルチサイクロンとは

マルチサイクロンとは、マルチクロンとも言い、小型のサイクロンを2基以上、並列に並べたものです。小型のものほど機械式のサイクロン集塵機は、集塵効果が高くすぐれています。ですが小型のサイクロンを多数使うと処理ガス量が上がってしまいます。ですが、並列に小型サイクロンを並べて使用すると圧力損失はそんなに変わらないため効率よく使うことがでいます。

マルチサイクロンの方式は、各サイクロンに分岐ダストから均等にガスを送入する方法や、軸流サイクロンを用いるものがあります。どちらも、設計や作業する上で、単位サイクロンの圧力分布を均一にすることが必要になります。マルチサイクロンはガス中の物質に遠心力を与えて粒子を分離捕集する装置ですが、処理ガス量に関係なく常に高い集塵効率が得られます。さきほど説明したように小型なサイクロンがすぐれていますので、狭い設置スペースでも大風量を処理することができます。

そして、ダストワークがとても簡単なため、コストダウンにも効果的です。なので、最近とても人気になっていて利用する人が多数います。フィルターがないため、フィルターを交換する必要もなく、交換部品やポンプを停止させる必要がないのも特徴です。掃除機として使われるだけではなくて、マルチサイクロンのろ過器もあり、水処理用遠心分離機として使われてもいます。

遠心力だけで水の中の汚れを分離することができます。クリーングタワーの水質が改善し、圧倒的な汚れを回収して排出もスムーズに行うため、排水処理の費用が劇的に減少できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *