Skip to content

アルカリ洗浄液の用途

物質には性質というものがあり、酸性・中性・アルカリ性からなっています。これらは水に溶かしたさいにみられるもので、酸性はお酢や果汁などのようにすっぱく感じるもので、草木を燃やした灰など苦い味がするものはアルカリ性で、この酸性とアルカリ性の中間にあるのが中性です。アルカリ性にしても酸性にしても強すぎるとものを溶かす性質があり、このため過度なものは有毒な物質になります。このため酸性に対してはアルカリ性のものを加えることで中和させることができ、逆にアルカリ性のものに酸性のものを加えると中和させることができます。

これらは汚れにも言えることで中和させることによって汚れを落としやすくする効果があります。例えば油汚れの場合には酸化によってこびり付いているためアルカリ洗浄液を用いることで中和することができ汚れを落としやすくすることができます。また酸性化したものを中和させる上でもアルカリ洗浄液が使われます。アルカリ洗浄液の用途としては、脱脂力が強く安価です。

また粒子汚れの除去性が良いため主に油や研磨粉を除去するといったもの使われ、金属やガラスなどに使われます。ただし注意すべきところは金属を腐食させる可能性があります。これは強い酸性の洗浄液でも同様で、使用するさいにはその物体に適したものであることを確認した上で行う必要があります。また溶かす性質から素手での作業は皮膚が荒れる原因になるためゴム手袋などをして使用しなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *