Skip to content

アルカリ洗浄液の特徴

「アルカリ洗浄液」は、掃除に、洗濯、身近にあるさまざまな汚れを落とすのに使用することができます。その1番の特徴は、汚れの落とし方にあります。一般的な「石鹸」や「合成洗剤」は水と油を混じり合わせることで汚れを落とします。一方、アルカリ洗浄液は、汚れの中の油分と洗浄液中のアルカリ成分が反応することで洗浄します。

その汚れ落としの仕組み自体が大きく違うため、いくつかの特徴を知ってから使用するのがおすすめです。アルカリ洗浄液のまず1つめの特徴は、その高い油・皮脂汚れを落とす力にあります。アルカリは、油・皮脂汚れの主成分である脂肪酸と反応し、その反応物が更に他の脂肪酸と連鎖的に反応していきます。そのため、油・皮脂汚れに強い洗浄液と言われています。

また、垢や食べこぼし、血液などのタンパク質からなる汚れ落としにも適しています。これは、アルカリは、たくさんのアミノ酸が結合してできているタンパク質の結合の切断・分解、あるいは結合を緩めて構造を変化させる性質を有することに由来します。そのため、アルカリにさらされたタンパク質汚れはその付着力が低下し、少しの力で洗い流せるようになります。ただし、アルミ製品をアルカリ洗浄液にさらすと、白く粉を吹いたように変化するので注意が必要です。

これは、アルミニウムとアルカリが反応して水酸化アルミニウムできることに由来します。この変化はアルミニウムの腐食にあたり、穴が開いたり壊れる原因となるので、アルミ製品をアルカリ洗浄液で洗ってはいけません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *