Skip to content

熱交換器?メンテナンスの目的と作業概要

熱交換器は高温の流体を持つ熱エネルギーを低温の流体に与えるもので、その逆もあります。加温器・冷却器・蒸発器などに使用されます。多くの場合は気体や液体などの流体が使用されますが、最も代表的なものは水です。工場内の機械の冷却水を利用して温水にしたり、温水を冷水に熱交換したりし、再利用を図ります。

この熱交換によって、燃料の消費を抑えたり、排水の再利用ができたりします。熱交換器?メンテナンスは定期的に行わないと、十分な性能を発揮することができません。熱交換器の能力が下がった・熱交換器内の圧力損失が上がった、などの症状が現われたら、メンテナンスを実施するタイミングとなります。こうなる前に定期的なメンテナンスを行うことで効率的で安定した性能を維持できると共に、内部金属部分の腐食の進行を抑えることができますので、結果的に機器を長持ちさせることにつながります。

定期的な熱交換器?メンテナンスを行わないと、突然の機器停止や性能低下による環境への悪影響も発生し問題となります。また突発的にトラブルが発生した場合、装置の異常個所の予防ができず、故障部分の部品交換などの対応となってしまい、修理費用の増大や稼働停止による損失が計り知れないものとなってしまいます。熱交換器には内部構造によってさまざまな種類がありますが、共通した熱交換器?メンテナンスの主な項目は、伝熱面のスケール付着の清掃・シール部のパッキン交換・腐食・破損の点検・部品ひずみ部の修正などが挙げられます。これらは小型のものは設置されている現地でも可能ですが、分解する作業スペースを確保する必要のあるものなら、予備の熱交換器ユニットと交換し、取り外したユニットをメンテナンス会社に持ち帰って作業を行うこともあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *