Skip to content

アルファラバル株式会社とは

「アルファラバル」は、熱交換、分離および流体制御の3分野の世界市場トップに位置する企業です。創業者はグスタフ・デ・ラバル。彼は、遠心分離装置や蒸気タービンなどを発明したスウェーデンの技術者です。その創業者であるグスタフ・デ・ラバルが、パートナーであるオスカー・ラム・ジュニアと1883年に設立した「ABセパレーター社」が現在のアルファラバルの前身にあたります。

そして、現在のアルファラバルの販売拠点は、世界50ヶ所にわたり、製品の販売実績は約100ヶ国におよびます。また、大規模な製造工場を欧州22ヶ所、アジア10ヶ所、米国8ヶ所、ラテンアメリカ2ヶ所の計42ヶ所、サービス拠点を世界70ヶ所に所有するなど、非常にグローバルな企業に成長しています。そんな「アルファラバル」の強みは、何と言ってもその高い技術力にあります。取扱い製品としては、非常に効率に優れた熱交換器や、創業の始まりとなったクリーム分離技術に更に磨きをかけた遠心分離器やマグネティックミキサー、ポンプ・バルブ・配管部材などの流体制御機器などがあります。

また、それらに関連した新製品を年に25~30種類誕生させ続けている点も大きな魅力です。この高い競争力は、年間総売上の約2.7%を研究開発へ投資し続けていることに基づきます。このように「アルファラバル」は、歴史に培われた高い技術力と同時に高い競争力をもった企業として今も進化を続けています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *