Skip to content

熱交換器の種類について

熱交換器とは、湿度の異なる液体のエネルギーを効率的に移動や交換をさせる装置です。湿度の高い流体から低いところへと熱移動をすることにより、過熱や冷却を可能としています。熱交換器の種類は、代表的なものとして多管式熱交換機器とプレート式が挙げられます。この2つ以外にもボイラーや蒸気発生器など、様々なものがあります。

まず、多感式の商品はシェルと多数のチューブの中にそれぞれの液体を通して相互間で熱交換を行う構造になっています。代表的なタイプとして知られており、筒の中にはたくさんの管が並んでいます。また、電熱板となる凸凹にプレスされた金属の板を何枚にも重ね合わせ交互に温度差のある液体が流れますは。多管式よりも軽量でコンパクトなのに、五分の一の大きさでほぼ同等の熱伝導力を得ることができます。

チューブ状の伝熱管に伝熱板を取り付けて伝熱面積を増やしたものをフィンチューブと言います。これは、伝熱管内に液体と伝熱管外に気体を通した熱交換を目的としています。さらに、2枚の伝熱板をスパイラル状に巻き取り2つの細長い長方形の流路断面を有しているのがスパイラル式と言います。2枚の伝熱板をスパイラル状に巻き取り、2つの細長い長方形の流路断面を有しています。

液交換機器として使用される1型と、コンデンサーガスクーラーとして使用される2つのタイプがあります。このように、熱交換器には色々な種類があるため、検討されている方は調べてから利用することをおすすめします。熱交換器のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *