Skip to content

熱交換器の特徴について

熱交換器は温かい流体から冷たい流体に熱を移動させるための機器で、流体には水や空気などが使われています。冷却を目的とするチラーに熱交換器が設置される場合には、内部で冷たいチラー水が対象となる液体の熱を奪って冷やします。この仕組によって冷やされた液体は工業用水や水道水、クーリングタワーやチラーなどに供給されます。熱交換器は対象となる流体や冷却媒体、構造などによって様々な種類のものがあるので設置環境や大きさだけでなくメンテナンス性なども考慮した上で最適なものを選びます。

空冷式熱交換器は主に管束とファンで構成されており、冷却対象の液体を管束内に流してファンで送風し液体と空気の温度差で冷却します。このタイプは周囲の空気と電源以外にインフラを使わないので様々な場所に設置でき、屋外で利用されるケースも多く見られます。運用やメンテナンスのためのコストが少なく、環境性が優れているというメリットがあります。ブレージングプレート熱交換器は重ねた伝熱プレートの間を高温と低温の液体が交互に流れる仕組になっており、熱交換の効率が優れているため温度差を最大限に活用できます。

一般的な交換器と比べると大きさが小さく、耐圧性能が優れているというメリットもあります。交換する熱量が大きいほど能力が高いと考えることができますが、より交換熱量を大きくするためには伝熱面積を増やすことが大切です。また伝熱効率の高い素材を使ったり、高温流体と低温流体の温度差を大きくすることでも交換熱量を上げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *