Skip to content

熱交換器を選ぶ際のポイントについて

熱交換器には空冷式の他にもブレージングプレート式やガスケットプレート式、ジャケットタンク式など様々な種類があります。熱交換率が優れているのはブレージングプレート式とガスケットプレート式ですが、メンテナンス性が最も優れているのはジャケットタンク式です。ブレージングプレート式は重ねた伝熱プレートの間を高温と低音の液体が交互に流れる仕組みになっており、効率的に熱交換が可能でわずかな温度差を最大限に活用できます。主に銅製のブレージングが使われていますが、医薬品業界や半導体業界など清潔さが求められる環境ではステンレス製やニッケル製のブレージングが使われています。

このタイプの熱交換器はサイズが小さく熱交換率が高いだけでなく低コストというメリットがあるものの、分解できないのでメンテナンスが困難です。ガスケットプレート式の熱交換器も積層した伝熱プレート間に高温と低温の液体を流す仕組みは同じですが、プレート間がゴム製のガスケットで区切られており全体を容易に分解できます。ブレージングプレート式よりもサイズが大きいので、設置場所を確保できてメンテナンス性を重視する場合にはこのタイプを選ぶとよいでしょう。ジャケットタンク式の熱交換器は内槽を外槽で包む二重構造になっていて、外槽に温度を調整した水を循環させて内槽の冷却などを行います。

このタイプの熱交換器にはステンレス製が多く簡単に清掃やメンテナンスを行うことができるため、食品や医薬品の工場で広く使用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *