Skip to content

生活に欠かせない熱交換器という機器

温かいものにふれれば温かさが伝わってきます。逆に冷たいものにふれれば手指や体が冷やされるような感覚をおぼえます。人の肌でも感じられる伝熱現象は、高温のほうから低温へと移動してふれ合うもの同士の温度を均一にしていきます。熱力学の法則は、一般の人にはわかりにくいですが、人間は、普段から熱の影響にさらされています。

熱の移動を利用した機器を熱交換器といいます。その名が示すとおりで、熱の交換の仕組みを利用してさまざまなことを可能にします。自動車の部品に使用されていると聞いて、停車直後に、エンジンルームに熱が残っている状況を想像しがちです。そのとおりで自動車の部品に熱交換器はつかわれています。

それなりに大規模な工業製品につかわれているイメージを持ってしまいますが、身近なところでは冷蔵冷凍庫、エアコンの温度調整にも熱交換器が使用されます。もちろんそれらの製品を製造するプラント設備でも用いられています。空気を汚さない暖房として利用されているオイルヒーターなども熱交換器を備えた電化製品のひとつです。コインランドリーに設置されていて便利な大型乾燥機は、ガスバーナーで衣類を乾かす仕組みですが、ガスバーナーに直接さらすわけはありません。

ガスバーナーによって発生した熱を送風機で送り込むことで、早くてきれいに乾きます。工場設備での使用、自動車などの部品、そして生活を営むうえで、熱交換器という機器はなくてはならないです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *