Skip to content

熱交換器の役割と種類

熱交換器は温かい流体から冷たい気流へ熱を移動させる機器で、周辺の水や空気を使用します。冷却を目的にチラーに設置される時は、機器の内部で冷たいチラー水が対象から熱を奪って冷却する仕組みになっています。種類も様々あるので、導入する時は設置環境の大きさやメンテナンス性等を理解した上で選ぶことが重要です。空冷式はランニングコストが低くて、設置する場所の制限がないのが特徴です。

ただ周囲の空気と液体の温度差が小さいと冷却率が下がってしまうのと、機器の大きさが大きいです。ブレーシングプレートは低コストでサイズも小さくて、耐久性も熱交換率を高いです。しかしメンテナンスの手間がかかるのと、流路のつまりが発生しやすいデメリットがあります。ファンコイルユニットは天吊り型や床置き型など設置が簡単ですが、冷却水を送る設備が必要になります。

シェルチューブタイプはメンテナンスが比較的容易く、様々な状態に対応できる点が強みです。プレート式と比べるとサイズが大きいのがデメリットです。投げ込み式はタンクサイズに合わせて設置できて、低コストで使えます。熱交換器には様々な種類があってそれぞれ異なったメリットとデメリットがあります。

そのため一概にどの種類が一番良いという事ではなく、それぞれの事業所で最適かな種類を取り入れるのが良いです。熱交換器の使用について詳しい場合は良いですが、そうでない場合は専門の業者などに相談して検討すると良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *