Skip to content

熱交換器の種類とメリットについて

熱交換器には空冷式やファンコイルユニット式、ブレージングプレート式やガスケットプレート式など様々な種類があります。空冷式の熱交換器はフィンとチューブで構成された管束の他にファンを備えており、冷却対象となる液体を管束内に流してファンで送風します。液体と空気の温度差によって冷却を行うのが大きな特徴で、空気と電源以外のインフラを必要としません。このタイプの熱交換器には設置場所の制限が少ないだけでなく、ランニングコストやメンテナンスコストが安いというメリットがあります。

ファンコイルユニット式は冷却水を循環させたコイルに風を送って冷風を作り出す仕組みになっていますが、循環水を温水に切り替えれば温風を作ることも可能です。冷却水を送るための設備が必要になるものの、天吊り型や床置き型などがあり設置場所が比較的自由というメリットが存在します。ブレージングプレート式は重ねた伝熱プレートの間を高温と低温の液体が交互に流れる仕組みになっています。高温と低温の液体が交互に流れる構造なので熱交換率が優れており、耐圧性能が高く低コストというメリットがあります。

ガスケットプレート式の熱交換器は、積層した伝熱プレートの間に2つの液体を流して熱交換を行う構造になっています。基本的な構造はブレージングプレート式と同様ですが、このタイプのものはプレート間をゴム製のガスケットで仕切っているので全体を簡単に分解できます。両面を固定プレートで挟んでボルトで抑える構造になっており、ガスケットやプレートの交換・追加によって冷却能力を高めることも可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *